2009年05月02日

歴史的恩恵に感謝して出発しよう

神の子としての意識に目覚めることは、罪の本質からの解放を意味しているのですが、これはヤハウェ直接の保護圏ゆえに可能となるのであり、過去の歴史には無かった最大の恩恵であります。
潜在的罪意識からの解放を求めて、これまで数え切れない多くの宗教人や行者たちが難行苦行の道を命がけで歩んで来たのですが、しかし罪から解放されることで神の子としての意識に目覚める者は殆ど皆無だったのですね。

今、Project GAIAのメッセージに触れて学ばれておられる皆さんは、先人たちの難行苦行の道を歩むこと無く、誰もがストレートに罪を越えて神の子として蘇生することが出来るのであり、宗教の壁を超えて歴史が求めた究極の恩恵に浴する立場にあるのです。確かに一方的に罪からの解放はあり得ないのですが、しかしながら心の底から悔い改める限りにおいては誰もが罪の本質から解放されて、神の子として蘇生する道が開かれているのです。

この4月からスタートした第三次世界経綸は、イエス以降2000年の人類歴史を20年に短縮しながら清算と創造の道を歩んで行くことになるのですが、しかしながら過去の誰もが至ることの出来なかった神の子としての蘇生の道が開かれていることで、これまで閉ざされていた神々主導の宇宙経綸の道を人類に先駆けて歩むことができるのであり、まさに神々と一体連携した銀河人類による宇宙経綸の始まりとなるのです。

第三次世界経綸においては、祈りを深め、メッセージを実践することが何よりも大切となるのであり、宇宙意識に目覚めた神の子たちによる個別のマザーセンター活動を充実させることで初めて地球創生計画を推進することのできる社会的活動基盤が造られて行くのです。

ですから今後Project GAIAの各関連部署の活動を推進し、村おこし、町おこし、国おこし、そして地球おこしとして地球創生計画を推進発展させるためには、まず皆様が罪の本質から解放された神の子として蘇生することで神々を解放し、そして神の子たちを育み繁殖して行くことのできるマザーセンター活動を充実させることが大前提となるのです。

たとえ皆さんが社会的に優位な立場にあり、優れた能力や知識を有していても、人智を超えた神々の叡智を地球創生計画に活かして行くことのできる神の子としての蘇生が無い限りは、神々が働くことのできる受け皿とはならないのであり、天意に通じる地球創生活動とはならないのです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 21:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

第三次世界経綸に向けて

第三次世界経綸の出発にあたり、全く基盤の無い中で神の子たちによる確固たる地球創生の世界ネットワークを造ることは容易なことではありません。

故に計画に対する天の戦法も尋常なものでは無く、まさに奇跡の連続のごとくでありましょう。なにしろヤハウェ初め銀河系宇宙連合体の存在を掛けた最後の経綸となるのであり、今回のチャンスをのがしてはまた一万三千年の期間を必要とすることになるのです。ですから天界も全ての力を掛けた人類との共同プロジェクトとなるのであり、宇宙経綸に触れた神の子たちの存続を掛けた命懸けの経綸となるのです。

フランシスコは、次の世代に使命的役割を継承しながらも、やはり自らでなければ対応出来ないプロジェクトに対しては最前線の立場で取り組んで参りますので、皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

感謝合掌

posted by Francisco Gabriel at 00:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

第三次世界経綸の出発に際して

第一次世界経綸の破綻に続き、第二次世界経綸も短期間の内にその必要条件を失い、ついに最終の第三次世界経綸をこの4月に迎えました。

しかし第二次世界経綸の失敗は既に予期していたことであり、例え失敗したとしてもその責めを乗り越えて行くことのできる条件が既に成立しているのであり、2000年前のイエスの時のように十字架の受難や弟子たちの苦難と迫害の道を再び歩む必要は無いのであり、犠牲を出さずに第三次世界経綸に移行することができるのです。

これはイエスの時代に立てられなかった神の子の蘇生と神の家庭の蘇生の道が既に成立しているからであり、何よりもヤハウェを初めとした神々の直接の保護圏に守られている恩恵に他ならないのですね。

第三次世界経綸の路線は第二次の路線と大きくは変わらないのですが、基本的には、宇宙意識に目覚めた神の子たちによるマザーセンター活動が神の子たちの普遍的活動基盤となるのであり、誰もが十字架の受難を超えた神の子キリストの復活体としての道を共に歩む20年期間となるのです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 00:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

新しい地球文明

この4月から第三次世界経綸としての宇宙経綸をスタートしたのですが、現実世界に対しては白黒がはっきりした社会潮流として現象化されていくのです。
要するに天意に適わない独裁国家や団体組織は、自らの穢れにより短期間のうちに自己崩壊して行くのであり、良し悪しが短時間のうちに表面化される時代に突入するのです。
まさに天の保護圏から外れた世界の虚構システムが世界次元で崩壊連鎖する時代に突入したということです。

新しい地球文明は、神の子たちを先頭に環太平洋圏域をベースに興って行くのですが、これはこれまでの東南アジアを中心としたASEAN諸国連合の理念を越えた中東の一部を含むアジア共同体として誕生するのであり、そのためには権力欲に汚れてしまった極東アジアとASEAN諸国連合を一旦浄化する必要があるのであり、その権力中枢を握っていた支配体制を浄化し蘇生させて行く必要があるのです。

この水面下の権力構造は、過去に海洋国を中心に東南アジアを支配していたシュリービジャヤ帝国の王族たちの末裔が握っているのであり、今ではイスラムの神意から逸脱した者たちが権力を行使しているのですね。

第三次宇宙経綸の東南アジアにおけるステージ造りは、バリ島を入口として東南アジアの王族たちの聖域であるインドネシアのセレベス島からスタートして行くのであり、日本のセントラルスポットと霊線を繋いでおくべきスポットがあり、そのためにも先にセレベス島の縮図となる瀬戸内海の某島の五色岩を繋いでおく必要があるのです。

今回の第三次世界経綸への移行は、全て予想出来ていたことであり、それを承知の上で始まった地球創生計画=Project GAIAであることを皆様にはご承知頂きたく、お知らせ申し上げます。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 00:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

第三次世界経綸

第一次世界経綸の破綻により第二次世界経綸としての宇宙経綸がスタートして間もないのですが、どうやら第二次世界経綸においても天の計画を大きく変更せざるを得ない時期に来ているようです。

そもそも天の計画は、天界の受け皿となる地上の神の子たちの主体的な自己責任により推進されて行くものですが、第一次世界経綸における世界基盤が破綻し、今回の第二次世界経綸においても、残念ながら2000年前のイエスの弟子たちの失敗を再現しているのであり、止む無くこの4月からイエス以降2000年歴史を20年で清算しながら、宇宙経綸を担う神の子たちを蘇生させる各地のマザーセンターを主軸に、次なる天の計画を推進して行く第三次世界経綸に移行して行くのです。

イエスの12人の弟子は、宇宙の12種族を象徴しているのであり、12弟子たちが神の子として蘇生しませんと144000人が神の子として蘇生して行く道が開いていかないのです。
今回も同様に神の子たちの蘇生がありませんと、144000人の神の子たちの蘇生の道が途絶えるのであり、宇宙経綸の道も途絶えてしまうのです。

ですから第三次世界経綸では、神の子の蘇生(アセンション)を柱に、神の子たちを育むマザーセンター活動がベースとなるのであり、国内外にマザーセンターを拡大し、神の子たちが世界に繁殖することで、初めて天の計画を推進できる基盤となるのであり、マザーセンターの基盤が充実しませんと、宇宙経綸に関わる事業を推進することはできないのです。

今後、各マザーセンターは、12名の宇宙種族を象徴する12人の神の子を蘇生させる必要があるのであり、各々のマザーセンター単位で地球創生に向けた各種のプロジェクトを推進させ、また各々のマザーセンターがお互いに連携することで国おこしや世界経綸に関わる計画を推進していくようになるのです。

今後、第三次世界経綸以降の天の計画は無いのであり、延長することも出来ない最終経綸のスタートとなりますが、だからこそヤハウェを初めとした銀河系宇宙連合体も地球人類と運命を共にする覚悟で、最後の切札となる計画を神の子たちに降ろしてくるでしょう。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 16:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

無力の金融サミット

世界規模の経済危機を克服するため、イギリス・ロンドンで開かれた金融サミットは、2010年末までの世界経済復興を目標とするサミット首脳宣言を採択して閉幕しました。

然しながら世界規模の経済危機は益々拡大する傾向にあるのであり、先進各国ともに表面的な施策だけに留まっている内は何ら解決の道は開かれることは無いでしょう。なぜなら今回の経済危機最大の要因は、水面下で世界を動かしていた世界支配体制の破綻によるものなのであり、速やかに宇宙経綸の担い手たちに経綸上の所有権が返還されない限りは、決して解決の道は開かれないのです。

このまま世界を崩壊に追いやるのか、または新しい宇宙経綸を柱に人類救済の道を開いていくかは、今まで水面下で世界を動かしていた旧世界支配体制の担い手たちの命懸けの決断に委ねられているのです。すでに宇宙経綸はスタートしているのであり、今まで宇宙経綸と似て非なる世界経綸を歩んで来られた者たちの神の子としての蘇生が急務なのであり、ともに神の子としてヤハウェを初めとした銀河系宇宙連合体(神々や天使と呼ばれる宇宙生命体)と連携した宇宙経綸を力強く推進して行くべき時でありましょう。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 20:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

神々を動かす

宇宙経綸を発動させるとは、神の子たちにより神々を動かし、連携することで初めて可能となるのですが、それでは神々を動かすためには何が必要なのでしょうか。

神々に動いて頂くためには、まず神の子たち自身が人間の既成概念を超えた企画や発想を持つことが大切なのであり、この世の既成概念の枠内に留まっていては神々の計画と連携することはできず、宇宙経綸の動きとはならないのです。

宇宙経綸の発動は人間の意識から生まれるものではなく、神々から生まれるものである限り、神無きこの世の既成概念は宇宙経綸の妨げにも成り得るのです。ですからこの世の既成概念の枠を外した意識で宇宙経綸を観ることが大切なのであり、意識を規制することで善悪の戦いの概念に留めるのでは無く、和することで意識の調和と拡大の連鎖を図るべきなのです。

神々は、また人間の努力100パーセントに初めて対応される存在なのであり、中途半端な姿勢に対して応じることは無いのであり、あくまでも人間の既成概念の枠を超えて、一生懸命、一心不乱に自分の限界を超えて行く神の子たちの姿をご覧になって、奇跡的な導きをされるのです。

今後、神々は宇宙経綸に関わる数多くの奇跡的な計画を地上に降ろして参りますが、故にこそ受け皿となる神の子たちの成長と飛躍が大きく願われているのです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 10:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

新しい世界経綸と国家経綸

宇宙意識に目覚めた神の子たちによる新しい宇宙経綸は、大きくは世界経綸と国家経綸がシンクロしながら拡大発展して行くようになるのですが、今回の経綸は何らの基盤も無いところから始まるために、表の見かけ上の経綸に対して霊統を継いだ者たちが本命としての裏経綸を歩むようになるのです。

具体的には、国家経綸の中枢として、鹿児島体制に替わる摂家から国家経綸の担い手が立ちあがるのであり、この者たちを中心として歴代皇統に関わりの深い者たちが先頭に立ちながら、新しい国家経綸を担うようになるのであり、これには霊界人たちも従わざるを得ないのですね。

世界経綸の主軸は昨年の9月以降、米国から豪州に移行したために国家経綸としては、豪州の縮図となる四国をベースに国家経綸の足場を築いて行くのですね。ですから四国に関りの深い摂家から必然的に国家経綸の担い手が生まれるようになるのであり、南九州をベースとした旧国家経綸は、四国をベースとした国家経綸に役割が移行するのです。

但し、これまでのような男性主導の国家経綸では無く、夫婦が縦横に二仏一体し、そして各々が天地に垂直に交わることで不動の三軸一体軸となることが重要なのですね。

また、新しい世界経綸としては、表のバチカンに対して、本命としての裏の体制が、イエスの霊統を継いだアッシジのフランシスコの霊統から生まれるべきであり、いずれは12の宇宙種族に対応した担い手たちにより構成された地球連邦の基礎を築いて行くのです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 18:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

神々に感動の連鎖を!

神おこし以降、次の成長の段階に入っていますので育みが加速しています。
自分意識にこだわっていますと意識が追いつかず混乱します。「100%私は神の子!」という神の子意識への意識転換が大切です。私という意識を「神の子としての私」と言う意識に転換しませんと守護神の育みが進みません。自分の内におこる奇跡を自分で止めてしまいます。

今回の宇宙経綸は、今まで地上に顕現出来なかったヤハウェの母性が降臨することにより、ヤハウェの父性と母性が地上世界に同時に顕現する経綸となるために、過去の経綸に見られる男性主導型の経綸とはならず、男性性と女性性の陽陰のバランスを取りながら、どちらかといえば女性主導型の経綸として立ち上がって行くようになるのです。

天意に通じる女性性の解かる人たちが宇宙経綸の先頭を担うのであり、男性たちは命がけで女性たちをサポートしながら宇宙経綸を推進していく体制となるのです。これが進むことで形としても陽陰のバランスが取れてきます。

今回の宇宙経綸は女性性の解かる人が先頭に立ちます。女性性とは「育みのこころの大切さが解かる人」「人の神性が輝き生かされることに喜びを感じ自分もまた喜び輝ける人」、女性だけとは限りません、男性でもそういう育みの心、女性性の解かる人が先頭に立ちます。女性が神性の輝きからくる女性性を啓発して母性の成長に繋がっていくためには父性の愛にふれる必要があります。男性が神性の輝きから来る男性性を啓発するにはヤハウェの母性の愛にふれて啓発されるのです。

女性でお父さんとの親子関係がよかった人、男性でお母さんとの親子関係がよかった人は育まれて来ているものがありますが、お父さんを通して背後の守護神の父性に触れ、お母さんを通して背後の守護神の母性にふれる環境があったということです。

家庭環境は様々ですので、成長期に育みの環境がなかった方もあるでしょうが絶望する必要はありません。また、女性性を啓発して母性の成長に繋がる環境は、結婚していようがいまいが関係なく、今ある自分の置かれている環境の中に全て必要なことを埋める環境が準備されているのですね。今ある環境の中で父性の育み母性の育みを感じられるようになっていますが、しかし人を意識している限りは見えません。人間を見るのではなく、その人を導いておられる神を意識しその存在を心から信じることが大切です。

人間を信じることだけに意識を持ちますと、その人の持っている魔性に触れてしまうので裏切られたり、傷いたりして自分自身を闇の中に追いやりますので見る目線を間違わないことが大切ですね。

人間を信じるところから始るのではなく、人間を導いている神を信じることが大切です。神々は親としてどんなに子どもに裏切られ傷ついても見捨てることなく犠牲の道を来られています。
神性を宿した神の子としての人間を育まれる神を見ていくとき自分自身の本性の啓発が可能になって行きます。その目線に立つと全て自分の周りの環境は自分の成長のためにあると意識を切り替えることが出来ます。

神を知る人知らない人さまざまですが、私たちの周りの環境はプロジェクトガイアに触れた者に同化して行きます。その秘訣はその人の背後の神々を意識するところから始ります。自分の神を意識することさえ大変なのに、人の守護神を意識することは難しいことですが努力することでごく自然にあたり前の事として出来るようになります。

「神を愛するように 人を愛する」と言う言葉がありますが、 人を愛するとは人間を愛するのではなくその人を愛するその人を導く神を愛するということです。そのように接せられていることは人には解かりませんが、守護神の喜びの心に共鳴して自分を愛してくれていると喜びが湧き上がるのですね。

神々の感動が人の心に共鳴し人間の心の感動になります。その人の背後の神々に声をかけるのです。「えーっ、あなたには解かるのか!」と驚き、「見ることは出来ませんが、私はあなたの存在は解かります。」というのですね。光なき世界を導いて来られたシャンバラの神々の解放の時、そこに光を投入したらものすごい勢いで復活が始るのです。今の時を待って来たのは人間ではなく神々が待って来られた時だからです。人の背後の守護神に感動の光を・・・、気付くことも無かった人間がその存在を認識し声を掛ける奇跡的な出来事により守護神の感動が人の魂に火を付けるのです。

それにはまず神に導かれている自分であることを実感すること、そのためには自分の守護神の存在を信じ、その心に触れることです。そして自分の触れた神々の波動を伝えるには、その人の神を意識することです。
出会いが神おこしの連鎖になるのですね。

マリア クリスティーナ アスンサ
posted by Francisco Gabriel at 18:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

宇宙経綸から観た世界動向

2008年9月を境に加速し始めた虚構世界の崩壊は留まることをせず、自戒無き個人や組織、企業、またいかなる国家においても例外は無く、天意に外れる限りは間違いなく滅びの道を自ら選択することになるでしょう。
これはつい最近の極東情勢に於いても然りであり、朝鮮半島を震源として自己崩壊の嵐が近隣諸国を巻き込んで吹き荒れることになるでしょう。

国家エゴのために尊い国民の命を犠牲にする国家体制は間違いなく自己崩壊するのであり、
崩壊すれば短期間のうちにその波紋は世界に波及することになるでしょう。また国家体制は滅んでも国を追われた民が難民として存在する限り、日本を初めとした近隣諸国は国益を越えた緊急対応が必要となるでしょう。天意から逸脱した朝鮮半島は、東洋のハワイと言われる済州島を介して救いの道が開かれることになるでしょう。

また天意から逸脱した米国は、宇宙経綸との繋がりを持ちながら国民救済の道を見出して行く必要があるのですが、これはハワイ諸島を入口として救いの道が開かれて行くのであり、宇宙経綸における豪州のミッションをサポートすることで米国蘇生の道が開かれて行くのです。

また自己崩壊が加速している中国共産党体制にしても然りであり、十数億人の国民を抱える共産国家体制も短期間の内に変貌することになるのであり、いずれは独立した複数の自治区による連邦体制に移行することになるであり、台湾を介して救いの道が開かれて行くのです。

これらの極東アジアの動向は、人為的な次元で進められているのではなく、地上人と連動する銀河系宇宙連合体が成せる業であるのです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 00:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

女性主導型の宇宙経綸

今回の宇宙経綸は、今まで地上に顕現出来なかったヤハウェの母性が降臨することにより、ヤハウェの父性と母性が地上世界に同時に顕現する経綸となるために、過去の経綸に見られる男性主導型の経綸とはならず、男性性と女性性の陽陰のバランスを取りながら、どちらかといえば女性主導型の経綸として立ち上がって行くようになるのです。
天意に通じる女性たちが宇宙経綸の先頭を担うのであり、男性たちは命がけで女性たちをサポートしながら宇宙経綸を推進していく体制となるのです。

2000年前のイエスを中心とした1プラス12人の男性の弟子たちに対して、相対的な女性の1プラス12人の体制を鋳型として宇宙経綸は出発するのですが、この12人とは、宇宙12種族の遺伝子を各々継いだ12人と0または13に対応するヤハウェの種族で構成される必要があるのであり、2000年前に超えることの出来なかった弟子たちの内的課題を越えることが必要条件となるのです。この必要条件とは、結論から先に申しますと、宇宙意識に目覚めた神の子としての自覚に立つということであり、人類は本来誰もが神の子として創造されているという認識に立つことに尽きるのです。

2000年前のイエスの弟子たちは、イエスを神の子として信じることが出来ず、最終的にはイエスを十字架に追いやってしまったのですね。そして約2000年を迎えた現代の世界経綸においても似た様な結果となってしまっているのです。但し今回の経綸は失敗することができませんから、やむなく計画を延長しながら次の世界経綸のステージに移行せざるを得ないのであり、今回の宇宙経綸においては、先に神の子意識に目覚めた1プラス12人の巫女たちによる宇宙種族の体制を鋳型として立て、その育みの中で神の子意識に目覚めた1プラス12人の男性の体制を構築することで銀河系宇宙連合体が働くことのできる内外の受け皿とするのです。

今回の宇宙経綸は、まだ始まったばかりですが、イエス以降の2000年歴史を20年に短縮して計画を推進して行く最後の経綸となりますので、一日が百日の如しのスピードで良くも悪くも激変の世界潮流となるのです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 05:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

出陣の時

イエス以降の父系イスラエル民族の霊統を基盤とした世界経綸の基盤を失うことでスタート致しました第二次世界経綸(宇宙経綸)は、神の国建国の使命を失うことでイエス以降2000年に渡り流浪の民となったイスラエル民族と似た道を、母系ヒッタイト民族をベースに今後2000年の歴史を20年間に短縮して歩むようになるのです。

そのために宇宙経綸の担い手としてこの数年の間に準備された次世代の神の子たちは、国を追われたイスラエル民族と同じように、米国に代わる代替国家を立てながら世界に理想郷の基盤を造り、最後に沖縄を基軸に日本を理想郷として蘇生させて行くという経綸の路線を歩むことになるのです。

本来、第一次世界経綸は、国体中枢と連携しながら国を中央から蘇生させて行く計画でありましたから、その基盤を失った今、トップダウン方式による国の建て替え立て直しは不可能となり、地方からボトムアップ方式により小さな国の鋳型を造り上げて行く路線に変更せざるを得ないのです。そのために日本の建て替え立て直しにはこれから約20年の歳月を要するのであり、その間に世界基盤が先に出来るような動きになるのです。

然しながら国を追われながらも世界の国造りに必要な内外のノウハウや技術については日本人が責任を持つ必要があるのであり、自らの国は崩壊すれども、世界の国造りについては日本人に神託された術が多いのです。その意味では、イスラエル・ユダヤ民族が歩んだ放浪の歴史を、宇宙経綸を担う神の子たちは短縮して歩んで行かざるを得ない宿命となるのです。

神の国を理想とする米国は天意から逸脱することで今やその使命を追われ、新しい宇宙経綸では豪州を米国に代わる国として立てながら、環太平洋圏をベースに地球創生計画を推し進めて行くことになるのです。ですから国連に替わる世界政府となる地球連邦も米国を本拠とするのではなく、アジア環太平洋圏をベースに創設されるようになるでしょう。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 23:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

決断の時

2月10−11日の緊急神事の追神事が3月12日に行われました。
今後の宇宙経綸を進める上で弊害となる種火を事前に摘んでおくためです。要するに似て非なる宇宙経綸の種火を摘んでおくことで、今後の宇宙経綸への弊害を少なくするためであり、種火を摘んでおくことで神の子たちへの霊的弊害の道を絶っておくのです。

新しい宇宙経綸のステージは、今までの世界経綸のステージとは全く次元を異にしています。本来、昭和時代の世界経綸が予定通りに運んでいれば、それまでに造られた世界次元のステージ上に新しい宇宙経綸の路線が引き継がれて行くのですが、残念ながら今まで世界経綸を担っていた使命者たちや宗教者たちは天意から逸脱することで、全く何らの基盤も無い新しいステージで宇宙経綸を出発していくのです。

新しい宇宙経綸は、過去の世界経綸の失敗の教訓を反面教師として活かしながらも、何よりもヤハウェを初め神々や天使と呼ばれる宇宙生命体により編成される銀河系宇宙連合体のサポートを受けることで、短期間のうちに経綸を進めて行くことができるのです。
今までの世界経綸は、どちらかといえば地球霊界に造られた光無きシャンバラ宇宙の神々や人霊界のサポートが主体だったのですが、今回の宇宙経綸は、銀河人類の祖であるヤハウェを初めとする銀河系宇宙連合体が天親降臨する経綸なのであり、これまでの世界経綸に立脚した概念は通用しない動きとなるでしょう。要するに魔が入ることの出来ないカルマを越えたレベルの経綸であるということであり、また神の子意識に立たなければ担うことの出来ない経綸であるということです。

2005年8月から宇宙経綸を迎えるためのproject GAIAのメッセージを発信して参りましたが、約3年半の準備期間も終えて、この春から神の子たちによる宇宙経綸がヤハウェを初めとする銀河系宇宙連合体の導きの中で起動して参ります。

宇宙経綸の動きは、虚構世界の破壊の動きとは全く裏腹な創造の動きとなるのであり、現実社会が光を失えば失うほど希望に満ちたムーブメントとして連鎖拡大して行くでしょう。

昨年9月3日の旧世界経綸の破綻を契機に米国から始まった世界経済の崩壊は、米国、日本、韓国、中国など、米国に追従する国々を先頭に願いとは裏腹に益々拡大して行くのであり、宇宙経綸の視座から観なければ解決の糸口を見出すことは困難でしょう。安易に保身に動こうとする先進国や大企業を初めとする権力者への天の審判を避ける道は無いと言うことです。

混迷する世界の政局にしても然りであり、天の保護圏から離れては自滅崩壊への道を真っ直ぐに進むだけであり、予期せぬ事態を招いて行くことでしょう。

自戒せず保身に動く者は例外なく厳しい審判を受けるのであり、自戒により天意に目覚める者は例外なく天の恩恵に浴することが出来るのであり、総じて破局への道を進むか、または希望溢れる創造への道を進むか否かは、皆さんご自身の決断に全て託されているのです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 17:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

母性愛の顕現

今日(3/5)は、朝から涙が止めどもなく流れて止まらないのです。

悲しく切ない涙ではなく、とても懐かしく心癒される感動の涙なのです。感動と嬉しさの余り時々慟哭の涙となるのです。フランシスコの心を心底から癒すこのエネルギーは何なのか・・・。

あー、これは心の全ての痛みを癒そうとして臨んでいるヤハウェの母性そのものではないか・・・と解った時、滝のごとくに涙が溢れるのです。そして気がついたのです。「あー、これで人類歴史の中で超えることのできなかった究極の罪穢れを解放する道が開いて行く。」・・・と。

人類が最終的に越えていくべき究極の課題は、愛と性の穢れからの解放なのであり、この問題を解決せずして銀河人類としての成長進化はあり得ないのです。
過去の歴史において、愛と性の穢れからの解放の道を説いた聖人は数多いのですが、具体的に解放の道を開いた人は居ないのです。なぜなら愛と性の穢れの問題は一人では解決することはできず、ヤハウェの父性と母性を継いだ神の子としての男性(イザナギ)と女性(イザナミ)が父母として揃いませんと越えることのできない課題だからです。

人類は、最終的にはヤハウェの父性により宇宙の真理を学び、ヤハウェの母性により魂が育まれ、全ての罪咎から解放されることができるのですね。

今日の出来事は、ヤハウェの母性愛が地上に臨むことの出来る条件が満ちたことを現わしているのであり、晴れてヤハウェの父性と母性が一体調和しながら宇宙経綸を導く備えが出来たことを示しているのですね。フランシスコにとりましては、妻のマリアクリスティーナ・アスンサがヤハウェの母性を顕現する神の娘として立ったことを意味しているのですね。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 19:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

神の子たちの集合意識

3月3日までに新しい宇宙経綸のための備えを終え、新しいステージに移行した宇宙経綸の始まりとなります。新しい宇宙経綸は、古き世界経綸の概念を超えた全く新しいステージからスタートして参りますので、古き世界経綸の概念にとらわれている人たちは、新しい次元の宇宙経綸に対応することができず、霊的呪縛の中に留まるでしょう。

新しい宇宙経綸の視点からこの3月を見ますと、暗闇の世の中に小さな希望の星が随所に出現する、そんな月となるでしょう。新しい宇宙経綸は、調和した神の子たちの家庭を鋳型として始まるのであり、神の子たちの家庭の集合体を理想郷建国の希望としてヤハウェを初めとした神々は地球創生計画を具体化して行くのです。

新しい宇宙経綸は、天と地における時間差はほとんどありません。そのために良くも悪くも結果がすぐに現われてくるのですね。これは、世界経綸に許された残りの時間が少ないためであり、また相対的に宇宙経綸の担い手たちの成長進化が急がれているためでもあります。

これからは、神の子たちの集合意識が形になる、そんな時代を迎えたのであり、神の子たちが想うことは必ず実現化する方向に天界も霊界も働くのです。ですから神の子たちの意識に隙間ができますとその隙間に魔が入り、即形に反映してしまうのです。だから責任重大であるのです。意識したことは必ず形になりますから、もし間違ったことが意識された場合は、時間を置かないで修正するのです。意識を修正すれば、軌道も修正されるのです。

新しい宇宙経綸の主役は、宇宙意識に目覚めたあなたがた神の子なのであり、神の子たちが創る集合意識が宇宙経綸を動かし、新しい宇宙文明創造のエネルギーとなるのです。
これからは、神の子たちの集合意識がとても大切となるのであり、この集合意識を霊的鋳型として新しい宇宙経綸が動いて行くのです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 08:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

意識の転換

私たちが意識すべきは、破綻に向かう虚構世界の現実ではなく、小さな規模でも良いから光ある未来創造の現実に意識を向けるべきであります。そのためには宇宙意識から観た広い視野で世界の現状を観る必要があるでしょう。

天意から逸脱した現実の社会システムは既に再生不可能であることを認識すべきであり、故に全く新しいステージに未来創造の基盤を作り上げていくことが重要であるということです。宇宙経綸の視点から観れば、虚偽に塗れた現実の社会システムは一旦破壊されて行く運命なのであり、そこには一時的に虚偽の光は灯ったとしても、普遍的な希望の光は灯らないことを認識すべきです。

今後、国内外の様相は、日々破局へと向かうでしょうが、だからこそ宇宙意識に目覚めた私たちは、現実社会の大禊の渦に巻き込まれることなく、自ら未来創造の担い手として可能な事から始めて行く必要があるのですね。まずは宇宙意識に目覚めた神の子たちの活動ステージとしてのマザーセンターを国内外に拡充し、各々が一体連携しながら様々な地球創生のプロジェクトを推進して行くことがテーマでありましょう。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 13:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

世界の破綻

第一次世界経綸破綻の昨年9月以降の世界の動向は、今年になり一挙に破局に向かい始めています。

米国を初め極東アジアの情勢が世界経綸の枠から逸脱することで、崩壊の連鎖が世界規模で拡大しており、また極東地域では中国の内政問題や南北朝鮮問題が激化しかねない状況となっているのです。

宇宙経綸の視点から今の世界情勢を見ますと、第一次世界経綸の破綻により終末現象が急激に加速しているのであり、とても厳しい世界情勢にあると言わざるを得ないのです。

第一次世界経綸の破綻は、米国経済の破綻を初めとした世界経済の破綻を暗示しているのであり、日本においても国家の破綻を免れることは難しい状況となっているのです。

誰もがそこまでは思ってもみなかったと自戒反省する時には、既に処方箋は無いに等しいのです。

さあ、天の時はすでに満ちています。

今必要なことは、今までの既成概念の枠を超えて新しい宇宙経綸の担い手として皆さんが自分が出来ることから立ち上がることであり、総じて宇宙意識に目覚めた神の子たちによる愛と希望の光による覚醒のムーブメントを世界中に巻き起こして行くことでありましょう。

感謝合掌

posted by Francisco Gabriel at 23:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

真理の目的

真理を耳で聴き知識として学ぶ者は数多いが、
真理を心で理解しその真意を悟る者は少ない。

真理を知識としてどんなに学ぼうが、
真理は実践せずして奥儀はわからず、
真理の顕現体と成ることはできない。

真理とは実践により理解を深めて行くものであり、
実践なき真理の学びは言葉と文字の羅列に終わる。

また真理を学ぶ目的は、無償の愛の顕現体となるためであり、
無償の愛を動機としない真理の学びと実践は無価値に等しい。
posted by Francisco Gabriel at 21:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

世代交代により推進される宇宙経綸

2月10日午後に連合体の意向により急遽神事が執行されました。

これは、神々の意向によりフランシスコの体を代償(供え物)として行われたもので、2年前に臓器不全で倒れて以来の痛手となりましたが、神事は無事に完了することができました。

これは、今まで機能していた第一次世界経綸が閉塞状態となることで、第一次世界経綸の霊的呪縛に拘束されている144,000人の中心的担い手たちやその二世たちを初めとした次世代の担い手たちに立ち塞がる霊的呪縛を解放する道をつけておく必要があるのです。
この霊的呪縛解放の道が開かない限りは、次世代の担い手たちが宇宙経綸に繋がる道がないのであり、聖国(セイントステート)の建国を初めとする宇宙経綸の大道が開いていかないのです。

これは、宇宙経綸を先んじて担う者たちが自らの責任として開いて行くべきもので、よほどのことがない限り当事者が自らその呪縛から解放されることはないのですね。

2005年7月に鹿児島の石屋禅師を初めとした歴代島津家菩提寺住職の墓参りを最後にスタートした宇宙経綸も今回の神事により本番を迎えて行くのです。神事は、約2時間かけて行われたのですが、オレンジ色に輝く無数の光体が終始フランシスコの頭上を飛び回っていました。

さあ、今日は2009年の建国記念日、新しい聖国の創建に向けて力強くスタートして参りましょう。

感謝合掌

posted by Francisco Gabriel at 10:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

神の子としての意識

神の子とは、100%神の子意識に立つことで自らの神性と不浄な想いを分別できる意識に立てる人を言うのです。

誰もが神の子意識に目覚める以前は、様々な不信に満ちた不浄の想いが意識の中に渾然一体しているのですが、この不浄の想いは神の子としての自らの神性から湧き出た想いではないのです。

通常この不浄な想いは自分から湧き出たものと錯覚してしまい、自分は穢れた者であると誤解してその呪縛に支配されてしまい易いのですが、実のところこの想いは、神の子意識から湧き出た想いではなく、神の子に救いの光を求めて憑依する有象無象の人霊達の不浄な想いであることに気付く必要があるのです。

人は本来100%神の子として創造されているのであり、不浄な想いは、後天的に神の子意識に目覚めていない人霊たちの想いであることをしっかりと認識する必要があるのです。この神の子としての100%の自覚に立つことが出来れば、様々に湧きあがる不浄の想いは自らの想いではなく、神の子意識に目覚めた者に憑依する人霊達の想いであることに気付くことが出来るのであり、それにより不浄な憑依霊たちは自ら離れていくのです。

これらの有象無象の憑依霊たちは、私たちが神の子意識から遠のいた隙を狙って憑依してくるのであり、人は知らずの内にこれらの憑依霊たちの想いに支配されてしまうのです。

不浄な想いは神の子意識から生じるものではなく、神の子意識に乏しい自らに憑依する霊たちの想いであることをしっかりと分別し、そして彼ら憑依霊たちには、「霊界創生の基本」の祈りを通して救いの道をしっかりと示してあげる必要があるのです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 14:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。