2010年07月15日

新しいステージの創造

さて、この7月から宇宙経綸のステージも次の段階に入り、宇宙意識に目覚めた神の子達による新しいステージ創りが始まっています。新しいステージとは、これまでに準備されたステージの延長上にあるのではなく、原点回帰したステージから再度出発して行くと云うことです。

1996年から始まった霊的鋳型造りを中心とした世界経綸も第三次の最終経綸を向かえているのですが、この7月で一旦締めくくりをすることで、フランシスコから神の子達に役割を引き継いで行く時を迎えています。これは一世から二世にProject GAIAのミッションが継承されて行く時代を迎えたと云うことであり、霊的鋳型造りとしての第三次の最終経綸を終えて、現実世界に根付いた宇宙経綸がスタートすることを示しています。

フランシスコに取りましては、宇宙経綸に至るまでの一次から三次までの霊的鋳型造りの段階的なミッションを終えることになり、今後は宇宙意識に目覚めた神の子たちが守護神の導きの中で、現実社会と繋がる具体的活動が始まることになるのです。宇宙意識に目覚めた神の子たちが今の自分に出来ることからProject GAIAの全体計画の一端を各々が担い始めて行く、その出陣の時期を迎えているのです。

アセンションにおける成長進化の魔の6.66段階を超えるレベルに達した皆さんは、急速に霊性が覚醒することで守護神の働きや霊人の動きも敏感に理解できるようになるでしょう。使命分野によっては守護神や守護霊が入れ替わる場合もあり、顕在意識の世界においても平面から立体に移行するくらいの劇的な意識変化が起こるのです。これは第三の目が開くともいわれる現象で、霊性の覚醒が進むとともに自らの神性が啓発することで、自らに与えられたミッションの目覚めが加速するのであり、ペンテコステに似た覚醒現象が連鎖して行く契機となるのです。

この第三の目が開いた神の子たちが先頭となり新しい宇宙経綸のステージが創られて行くべきであり、そのために真に神の子としての内容が問われて行く時を迎えているのです。

今まで天からのメッセージをどれほど知識として学んだか、知っているか、また協働プロジェクトの何れかに関わっている・・・ということが問題では無く、どれだけ神意を日々実践し、真の愛の体現者となるために努力を積み重ねているか否かが問われるのであり、神意に通じる真の愛の人格が要求される時代となって行くのです。またProject GAIAや神の子という言葉等を知らずとも既に宇宙意識に目覚め、神意を自ら悟り、真の愛を実践している人々がいずれはYHWHの愛の懐に帰還する時代を迎えて行くのです。

その意味では聖書の記述にもありますように、「後の者が先に立ち、先の者が後になる」という現象が私たちの周辺にも起こるようになるでしょう。

5年前の2005年8月8日は、銀河人類としての夜明けを宣言した記念すべき日であり、( 7.1共同誓約http://project-gaia.net/messages/PG/message1301.shtml )WAOの発足日に当たるのですが、今年の8月8日は、宇宙意識に目覚めた神の子たちが自らの意思で銀河人類の始まりをYHWH・宇宙連合体に向かって名実ともに宣言して行く重要な日となるのであり、そのためにもこの7月は原点回帰から全てをスタートして行く大切な月となるでしょう。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 16:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。