2010年06月29日

2010年7月に向けて

イスタンブールの国連総会を終えて成田に帰国した1996年6月6日以降、神懸かりともいえる不思議な力が働き始め、6月28日には火の柱が頭上から「ズシン」と音を立てて降りて来ると同時に「立ち上がりなさい」と3度天の声があり、その後導かれるようにして今に至ったことを、この6月はしみじみと思い出されるのです。

あの時は2度その召命を断ったのですが、3度目の声は悲しく悲痛な叫び声であったため、神を悲しませてはならないとの想いから「はい」と無条件でその召命を受け入れる事になったのですね。
またその年の7月1日には、茨城県の大洗町の砂浜で光輝くUFOが猛スピードで雲の中に隠れて行く光景を初めて目撃し、空の雲が絵文字とも思える○Y△のHABITATの印を順番に示してくれたことを懐かしく思い出すのです。○は地球を、Yは人を、そして△は家を現すのですが、今思えば理想郷を創生して行く、地球創生の印だったのです。

それ以後は、強烈なまでの不思議な力に包まれながら、鹿児島を初め西日本各地を導かれるままに訪問するようになり、宇宙経綸に至るまでの霊的鋳型を造り上げて行く草創期を歩むことになったのですね。この6月はこの14年間の出来事を総括するけじめの月であった様に思うのです。

さて2010年の7月からは、全く新しい次元に経綸の動きがシフトして参ります。宇宙意識に目覚めた太陽の子(神の子)たちに取りましては本番の時を迎えたのであり、個でありながら全体の善し悪しを左右する霊的鋳型として一人一々が機能し始めるのです。その意味では、フランシスコの分身体として働くようになるのであり、144000人の働きが加速されて行く事になるのです。

全ての動きが自己創造(アセンション)を伴いながら、また自己責任のもとでスタートして行くのです。これからは育みの守護神としての宇宙生命体が共に居るのであり、共に自己創造を土台とした地球創生の道をスタートする、第二、第三のフランシスコが動き始めて行くことになるのです。

その意味では、この7月は、フランシスコの後継者としての太陽の子たちの出陣の月となるのであり、創造的な動きがスタートする7月となるでしょう。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 09:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。