2010年03月13日

人類のアセンション-6

魔の6.66段階を超えてアセンションの10段階に至る道を歩むにあたり、人類が成すべきもう一つの大切な条件があります。それは、人類の堕落に対する責任を神々に転嫁したその罪を、養父母としての責任上背負わざるを得なくなった神々は、人類と共にYHWHの愛の懐から離れることで、YHWHの愛の光無きシャンバラ宇宙世界を地球霊界の中に造らざるを得なかった切ない立場であったことを心から理解する必要があるのです。

シャンバラ宇宙世界の神々に対して人類は心からお詫びをし、また神々が人類と共にYHWHの懐から離れてしまった責任の罪は人類にあった事をYHWHに心からお詫びをするのです。そして神々の切ない立場をYHWHに取り成し、その苦しみから解放する必要があるのであり、人類自らがアセンションの10段階に至るまでの進化の道のりを神々と神人一体連携しながら歩むことで、養父母としての神々の責任も果たされるのであり、それによって神々も光を取り戻して行く、神々解放の道が共に開かれて行くのです。

この様にして魔の6.66段階以降の成長期間は、人類の成長進化と共にシャンバラ宇宙世界が光に満ち溢れた本来の宇宙世界に転換して行く道が開かれて行くのであり、晴れてYHWHを筆頭とした銀河系宇宙連合体としての役割を共に果たして行くことができるのです。

人類が自らの罪を心から自戒反省し懺悔改心する時が来るまで、神々は人類への養父母としての責任を放棄する事が出来なかったのであり、善に対しては神として、悪に対しては悪魔として演じて来た立場であるのです。

人類は、今まで超えることの出来なかった魔の6.66段階まで成長進化し、此処で自らの罪を認めず、神々を悪魔呼ばわりし続けることで自ら絶望と破壊の道にころがり落ちて行くか、または自ら人類の罪を認識し懺悔改心することで神々と一体となり、神々の育みと導きの中で宇宙意識に目覚め、神の子として成長進化して行くのか、正念場の時代を迎えているのです。

時満ちた皆様が自らの限界を超えて宇宙意識に目覚められ、神の子としてアセンションの道をスタートされることを心から祈念申し上げ、「人類のアセンション」の投稿を終了致します。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 00:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする