2010年01月21日

ヤハウェと神々(天使達)について−1

ヤハウェ(YHWH)は、銀河人類の先祖となるリラ人を初めとした宇宙種族を初め、また地球人類の創造に深く関わった立場から観れば、ヤハウェは銀河人類、そして地球人類の祖であり、神の如く尊敬される立場ではあっても、決して旧約聖書に訳されるような宇宙創造神ではありません。

ヤハウェを初めとした神々や天使と呼ばれる存在の正体は、銀河系に存在する知的宇宙生命体のことであり、特に私たち宇宙経綸を担う者たちが深く関わる神々は、宇宙霊としての地球外知的宇宙生命体のことであり、決して肉体を有する宇宙生命体のことではありません。

また全国の神社に祀られている尊と呼ばれる神々は、霊的宇宙生命体と言うよりは、その殆どが人霊であり、その土地の発展のために大きく貢献した人霊が祭られていることが殆んどで、神としての宇宙生命体が祀られていることは数多く無いのです。

超古代において、アトランティス文明とムー文明の基礎を築いたレムリア文明期には、確かに三次元的な肉体を有した宇宙生命体と地球人類が共存していた時期が有るのであり、宇宙生命体の優れた霊性と知恵の恩恵により、人類は文明発展の大きな恩恵を受けた時期が有るのです。

今回の宇宙経綸を進めるにあたり、霊と肉を有する三次元的宇宙生命体は、宇宙経綸に直接的に関わることはしばらく無いのであり、地球人類の宇宙意識がある段階まで進化するまでは、三次元レベルの公式コンタクトは無いのです。これは、彼ら宇宙生命体により編成され、太陽系に定住する銀河系宇宙連合体(太陽神界)との約束でそのようになっているのですが、いずれは、宇宙意識に目覚めた144,000人の神の子達により受け皿が整うことで、三次元的なコンタクトが公式的に可能となる時期が来るでしょう。

彼ら宇宙生命体と三次元的に公式コンタクトの出来る究極的な条件とは、具体的に宇宙意識と真の宇宙愛に目覚めた銀河人類により神性国家が創生され、それら神性国家により地球連邦(仮称)が創設されることであり、それまでは霊的宇宙生命体との霊的コンタクトが基本となり宇宙経綸が推進されるのです。これは、地球人類の地球外宇宙生命体に対する理解がまだまだ乏しく、それどころか懐疑的な知識人や権力者たちが余りにも多く、宇宙生命体にとりまして有害なことは有っても、有益なことは殆ど無いと判断されているからです。

それまでは、宇宙生命体と霊的なコンタクトが可能となった神の子達により情報交換がなされながら宇宙経綸が推進されて行くのであり、決して破壊に向かう人霊主導の似て非なる経綸の動きに支配されてはならず、心身の浄化を基本に、日々神々への祈りを深め、真の愛の実践を積み重ねることで霊的進化(アセンション)を促して行くことが重要でありましょう。

感謝合掌

posted by Francisco Gabriel at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする