2009年06月07日

太陽神界への飛昇

今年の6月は、自らの全ての穢れを太陽の炎で燃やすことで神性の光を輝かせ、誰もがこの世の闇から解放されて太陽神界に神の子として飛昇して行くことのできる道が開いて行く月なのであり、そのために終末的な破壊現象が禊の渦として極東から世界に拡大して行く始まりの月となるでしょう。またそれとは反対に今まで闇に葬られた真実の光が世界に浮上し始める希望の月ともなるのであり、歴史の闇に消された真実の光が極東から浮上して行く、正にProject GAIAがこの世に浮上して行く希望の時代に突入するのです。

これは、ヤハウェの母性が顕現出来る人的母体が地上世界に成立したことを意味し、過去の歴史的な課題を背負った月女神リリースと女性たちの呪縛が解放されたことで開かれて行く希望の時代を向かえたことを意味しているのであり、イザナミが蘇生復活することで、まさに新しい人類創造の始まりとなるのです。

新しい銀河人類が創造する世界は調和の世界なのであり、天人地一体(神・人・霊世界の一体調和)、東西南北の融合(:経済格差の平準化・世界民族の和合等)、陽陰和合の鋳型をベースに神人一体により創造されて行く文明であるということですね。過去の男性主導の闘争世界は終焉し、太陽女神主導の中で陽陰・男女が一体調和していく、まさに神の家庭をベースに新しい銀河人類がスタートしたということです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 10:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。