2009年05月30日

第三次世界経綸のビジョン−3

今後、2006年から2026年までの約20年間が宇宙経綸として新しい地球文明創造のための種まきの期間であり、2012年まで最初の7年間が歴史清算と未来創造に向けた準備期間であり、Project GAIA全般が機能できるまでの地上の受け皿をしっかりと準備しておく必要があるのですね。

2013年の伊勢神宮の遷宮を前後して、国内的には平成の維新が始ることになるでしょうから、それまでに新しい国造りの鋳型造りを済ませておく必要があるのですね。世の中は、改革の嵐が吹き荒れて破壊の渦が蔓延するでしょうから、宇宙経綸の動きは、未来創造に向け暗闇に光を灯していく救いの経綸となるのです。

Project GAIAは、本来最終シナリオとなる第三次宇宙経綸に向けて準備されて来た計画であり、過去の歴史清算を目的とした旧世界経綸とは性格・質ともに次元を異にするのですね。これまで宗教がゴールとしてきた神仏一体による"悟り"を基本としてスタートするのが第三次世界経綸なのであり、誰もが神の子として神々との連携により具体的な経綸を推進して行く、まさに人事を越えた神人一体プロジェクトとなるのです。

全国各地で既に霊的に覚醒して宇宙意識に目覚められておられる皆様、様々な宗教や教義の枠を越えて共にシンクロの渦を拡大していく天の時が満ちています。
今後、地球創生に向けて様々な企画が必要となりますが、皆様が企画される様々なプロジェクトを連携して共にProject GAIAを推進して参りたく思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 12:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする