2009年05月02日

歴史的恩恵に感謝して出発しよう

神の子としての意識に目覚めることは、罪の本質からの解放を意味しているのですが、これはヤハウェ直接の保護圏ゆえに可能となるのであり、過去の歴史には無かった最大の恩恵であります。
潜在的罪意識からの解放を求めて、これまで数え切れない多くの宗教人や行者たちが難行苦行の道を命がけで歩んで来たのですが、しかし罪から解放されることで神の子としての意識に目覚める者は殆ど皆無だったのですね。

今、Project GAIAのメッセージに触れて学ばれておられる皆さんは、先人たちの難行苦行の道を歩むこと無く、誰もがストレートに罪を越えて神の子として蘇生することが出来るのであり、宗教の壁を超えて歴史が求めた究極の恩恵に浴する立場にあるのです。確かに一方的に罪からの解放はあり得ないのですが、しかしながら心の底から悔い改める限りにおいては誰もが罪の本質から解放されて、神の子として蘇生する道が開かれているのです。

この4月からスタートした第三次世界経綸は、イエス以降2000年の人類歴史を20年に短縮しながら清算と創造の道を歩んで行くことになるのですが、しかしながら過去の誰もが至ることの出来なかった神の子としての蘇生の道が開かれていることで、これまで閉ざされていた神々主導の宇宙経綸の道を人類に先駆けて歩むことができるのであり、まさに神々と一体連携した銀河人類による宇宙経綸の始まりとなるのです。

第三次世界経綸においては、祈りを深め、メッセージを実践することが何よりも大切となるのであり、宇宙意識に目覚めた神の子たちによる個別のマザーセンター活動を充実させることで初めて地球創生計画を推進することのできる社会的活動基盤が造られて行くのです。

ですから今後Project GAIAの各関連部署の活動を推進し、村おこし、町おこし、国おこし、そして地球おこしとして地球創生計画を推進発展させるためには、まず皆様が罪の本質から解放された神の子として蘇生することで神々を解放し、そして神の子たちを育み繁殖して行くことのできるマザーセンター活動を充実させることが大前提となるのです。

たとえ皆さんが社会的に優位な立場にあり、優れた能力や知識を有していても、人智を超えた神々の叡智を地球創生計画に活かして行くことのできる神の子としての蘇生が無い限りは、神々が働くことのできる受け皿とはならないのであり、天意に通じる地球創生活動とはならないのです。

感謝合掌
posted by Francisco Gabriel at 21:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。