2009年04月17日

第三次世界経綸に向けて

第三次世界経綸の出発にあたり、全く基盤の無い中で神の子たちによる確固たる地球創生の世界ネットワークを造ることは容易なことではありません。

故に計画に対する天の戦法も尋常なものでは無く、まさに奇跡の連続のごとくでありましょう。なにしろヤハウェ初め銀河系宇宙連合体の存在を掛けた最後の経綸となるのであり、今回のチャンスをのがしてはまた一万三千年の期間を必要とすることになるのです。ですから天界も全ての力を掛けた人類との共同プロジェクトとなるのであり、宇宙経綸に触れた神の子たちの存続を掛けた命懸けの経綸となるのです。

フランシスコは、次の世代に使命的役割を継承しながらも、やはり自らでなければ対応出来ないプロジェクトに対しては最前線の立場で取り組んで参りますので、皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

感謝合掌

posted by Francisco Gabriel at 00:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする