2009年01月09日

神々の解放

宇宙経綸をスタートさせるための必要条件、それが人間社会の穢れの呪縛のなかに存在している産土神といわれる宇宙生命体たちの解放であります。世界地理の縮図である日本列島には、世界各地と繋がるエネルギースポットが数多くあり、このパワースポットを中心としてその地域を天意に導き理想郷に導いていく存在が産土神と呼ばれる宇宙生命体なのであり、そのほとんどのスポットが神社仏閣の周辺に集中しています。

ですから世界とリンクした日本列島の産土神を解放することは、世界にリンクする主要なスポットを活性化し、その地域の人々の神性を活性化させて行く道が開かれていくのです。たとえば、四国の神々を解放することは、四国に住む人々の神性の活性化だけではなく、地理的相似地域となるオーストラリアの活性にも繋がるのです。

全国各地の神社仏閣にご利益のために祈りを捧げる人は数多いのですが、その地を守る神々の目線から祈りを捧げる人は殆んどいないのですね。今回の宇宙経綸は、その神々を解放することで始まる経綸となるのであり、神々を抜きにした人間本位の経綸ではないのです。

今回は、各地を守護する産土神の解放となる「神おこし」についてご紹介したいと思います。 

次回に続く

感謝合掌 マリアクリスティーナ・アスンサ
posted by Francisco Gabriel at 01:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。