2009年01月04日

マザーセンターの起動

地球人類は、本来誰もが神の子として創造されているのですが、第二次世界経綸、即ち宇宙経綸の草創期においては、誰もが神の子であるという意識が急速に連鎖拡大して行くことになるでしょう。なぜなら一握りではありますが、既に宇宙意識に目覚め、神の子として動き始めているムーブメントが随所に誕生しているからであり、銀河系宇宙連合体の働きも今まで以上に加速するからです。

先に宇宙意識に目覚めた神の子たちは、自らの神性を各々のマザーセンター(神の宮)をベースとして発揮することで、神の子として覚醒された意識の波動を共鳴連鎖させて行くイグナイター(ライトワーカー=光を灯す人)の立場にあるのですが、マザーセンターは、この世の既成概念に拘束された人々の意識を覚醒進化させて行く育みのステージとなるのです。

その意味では、2009年1月11日は、宇宙の愛と真理に触れることにより神の子意識に目覚めた皆様が、個々の地球創生を実現するためのステージとなるマザーセンターをスタートさせて行く記念日となるのです。

感謝合掌 フランシスコ
posted by Francisco Gabriel at 05:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。