2008年09月10日

保護圏の必要性

似て非なる虚構世界の観念を脱皮し、そして自らの遺伝子に刻まれている人類の罪咎を懺悔し、そしてあなたの親なる守護神の願いを解放し、最後に自らの存在に対する所有権を銀河宇宙の祖であるヤハウェに返還することで、初めて神の子としての目覚めと更なる霊性の成長進化を成していくのですが、いずれはヤハウェが位置する太陽神界にまで成長した宇宙意識が必要なのであり、そこで初めて神の子=太陽の子として銀河人類の仲間入りを成して行くのです。

頭で神の子の概念を理解し、神の子宣言をいたしましても、虚構世界に意識が留まる内は、それは名だけの神の子と言わざるを得ないのです。ですから真に神の子として成長進化するまではヤハウェの保護圏の中で守られ、許され育まれていく必要があるのであり、この保護圏無くして神の子たちの成長進化はあり得ないのです。

今後、この保護圏の中にヤハウェの父性愛と母性愛が具体的に顕現されることで、神の子たちが銀河人類として成長進化して行く、アセンションへの道がスタートするのです。

感謝合掌  2008.9.10
posted by Francisco Gabriel at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする