2008年10月01日

第二次世界経綸に向けて-4

いよいよ本日から第二次世界経綸のスタートとなります。

この虚構世界は、今年の8月末から9月初めを頂点とした第一次世界経綸の失敗により、これまでの闇の世界支配体制はその使命を終えて一気に崩壊する方向に加速し始めました。保身に動けば動くほどに自縄自縛に陥るだけであり、体制の崩壊も時間の問題となりました。天意から外れたマネーゲームを柱とした世界支配体制も終焉となることで、それに追従する諸国も同様な運命を辿ることになるでしょう。

これは世界規模に拡大する崩壊現象となり、7年審判期間の最終年である2012年を前後して世界に満円することになるでしょう。

新しい第二次世界経綸は、旧世界支配体制を糾合転換する道が途絶えたことにより始る新しい世界経綸なのであり、私たち神の子たちは国を失ったジプシーのような立場で、これから始る第二次の計画を推進して行くことになるのです。

7年審判の最終年である2012年を境にして、私たちの歩みが国内外にどれほどネットワークを拡大して行く事が出来るのか、それが私たち神の子たちへの天の願いなのであり、その実働基盤を土台として、2006年から2026年まで20年計画が具体化されて行くのです。

最初の2006年から2012年までは、世界経綸の担い手の先人となる144000人がどれほど天命に目覚め連携する事が出来るか。そして次の7年間は、いかに聖国を創建するためのモデル村・町を琉球を起点に国内外に12−40箇所を創建していくことが出来るか。そしてその次の7年間でアジア太平洋圏域に、新しい地球連邦国を目指した聖国の世界ネットワークを構築することが出来るか。・・・全ては先人として歩む私たちの取り組み姿勢に全てが委ねられているのです。

感謝 フランシスコ
posted by Francisco Gabriel at 11:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする