2010年05月29日

誓約の6月

人類が神々や天使と呼んで来た地球外知的宇宙生命体により編成された銀河系宇宙連合体(Galactic Federation)による宇宙経綸も、フランシスコが還暦となる2012年以降に国家経綸(平成維新)から極東維新へ、また東アジア維新へ、そして世界維新から宇宙維新へと太陽の国、日の本から発動し拡大して行くことでしょう。

フランシスコの還暦の誕生日は2012年12月の冬至前ですから、具体的には2013年の伊勢神宮の遷宮を契機として立ち上げることになるでしょう。その頃には裏神道の封印も解かれ、神国日本に秘められた奥儀も解かれ、日本民族が神々である地球外知的宇宙生命体と深い繋がりがある事も解るようになるでしょう。

「天の時」が満ち、「地の利」も揃い、あとは天意に目覚めた太陽の子たちによる「人の和=神合い」が出来ることでGalactic Federationの受け皿としてのヤハウェ主導の新しいイルミナティー体制が、経綸を担う霊的鋳型として極東から発動することになります。

新しいイルミナティー体制は、光無きイルミナティー体制を慈愛の光で呑みこむことで、対立する古き世界支配体制の路線を方向転換させ、普遍なる宇宙の愛による宇宙経綸を発動させて行くことになるでしょう。

そのためにも今年2010年から2012年までは、Galactic Federationを受け入れる誰もがヤハウェの慈愛に触れることで自らの魔性を乗り越え、真の宇宙意識に目覚めた太陽の子として成長進化が問われるのであり、その環が144数を超えて行くことで世界に144000人のシンクロネットワークを蘇生拡大する鋳型となるのです。

今年2010年6月は、ヤハウェの保護圏の中で誰もが自らに潜む魔の666を乗り越え、名実ともに太陽の子としての自らの立場を天地に宣言し、天意に適う責任心情を備えながら、Galactic Federation主導の国家経綸から宇宙経綸に至るまでを段階的に発展させて行く必要があるのです。

フランシスコGのミッションは、神々や天使と呼ばれた存在が宇宙人と呼ばれる地球外知的宇宙生命体であり、人類の成長と進化の歴史に深く関わって来たシャンバラと呼ばれる地底に存在する宇宙生命体であることを人類に伝え、また同時に月を中継基地として太陽系惑星に定住している地球外知的宇宙生命体との一体連携により新しく再編成されたGalactic Federationの人類救済計画であるProject GAIA=地球創生計画を世界人類に知らせることであり、2013年以降は宇宙意識に目覚めた太陽の子たちにより地球創生計画を人間性の回復を基本としたアセンション計画と共に具体化して行く段階にシフトして行くのです。

今年から3年の間にどれだけの準備が出来るのか、宇宙意識に目覚めた太陽の子たちに人類の親なるGalactic Federationの願いの全てが掛っていることを自覚し、その慈愛の中で邁進して行くことを改めて天地に誓約して参りたく、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

感謝合掌

posted by Francisco Gabriel at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

Contact2010延期のお知らせ

7月3−4日のイベントContact2010の開催に向けて3月から準備を進めて参りましたが、内外の状況を総合的に判断しました結果、皆様には大変恐縮ではありますが、この度の開催を延期とすることを決定させて頂きましたことをお知らせ申し上げます。

イベントへの参加を予定されておられた皆様に対して、心からお詫びを申し上げます。

また準備スタッフを初め、ボランティアスタッフ等、関係者の皆様方には、今まで羽咋会場の下見や準備の為に多大なるご協力を頂きながら、準備途中での急な延期となりますことを大変申し訳なく、これまでのご協力に感謝し、延期となりましたことに心からお詫び申し上げます。

イベントの延期に伴いまして、宿泊先の予約等のキャンセルなど、大変お手数をお掛けしますが、皆様個別に対応をお願い致したく、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
尚、既に参加費を納入されておられる皆様には、WAO事務局より改めて返金処理のご連絡をさせて頂きますので、よろしくお願い申し上げます。

この度のイベントが延期となりましたことを皆様に心からお詫び申し上げ、またいずれ開催時期が到来することを切に願いながら、延期のお知らせとさせて頂きます。

また、フランシスコは、この度WAOが一般社団法人として機能し始めたことを契機にWAOの主宰を卒業し、WAOを初めとするProject GAIAの各協働部門のサポートに尽力して参りますので、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

Project GAIAメッセンジャー
フランシスコ・ガブリエル

posted by Francisco Gabriel at 00:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

最終経綸の目的

シャンバラ主導の世界経綸は、今や欧米二局に対立しながら世界を支配する直前にまでに拡大しているのですが、実は、彼らが世界支配の頂点に達した時にはお互いに呑みこみ呑みこまれて行くという淘汰の道を歩むようにプログラムされている為に、彼らの世界支配は短期間に留まらざるを得ないのです。

今や闇の世界支配体制は、世界を掌握しつつも霊的な吸引力は失われ、2006年から2012年までの審判の7年期間中にその役割を終え、2013年以降は、第三局となる宇宙経綸の波を受け入れて、自ら体制を転換せざるを得なくなるでしょう。

これまで一次、二次、三次世界経綸として歩んだ数年間の軌跡は、実は彼らの世界経綸を終息させるために必要な霊的鋳型造りの代替えの道なのであり、そのため第三次世界経綸としての最終経綸の目的は、シャンバラ主導の世界経綸からヤハウェ主導の宇宙経綸に転換させて行くための霊的鋳型を築くことであり、そのために自らの内に潜む魔性を命懸けで浄化させながら、名実ともに自らを神の子として蘇生転換させる道を歩むことが最大のテーマとなるのです。

そのために2013年までに築いて行くべき備えは、宇宙経綸を担う神の子たちの名実共の体制を確立することであり、これ無くしてはシャンバラ主導の世界経綸を終息させて、新しい宇宙経綸を発動させることにはならず、そのため神の子120名を基本に、その勢力を極東アジア、東アジア、世界120カ国に拡大して行く必要があるのです。

感謝合掌

posted by Francisco Gabriel at 12:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする